ほんとうにあった怖い話

怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    カテゴリ: 実怖まとめ

    私は薬剤師で、今年からある田舎の病院に勤務している。 
    薬剤師は私を含めて3人。一番下っ端の私は、何でもやらなくてならない。 

    ある日のこと、いつものように夕方近くに外来が終わり、
    病棟のオーダーに基づいて、注射薬の払い出しをしていた。 
    どういう訳かこの日のオーダーはややこしいのが多く、
    病棟に問い合わせをしたりしながら作業をしていると、結構な時間になってしまった。 
    しかも、その日のうちに薬品会社へ発注をかけなければならない薬があり、
    その発注書を作らなければならなかった。 

    食堂に晩飯を予約しておけばよかったと思いながら、発注書を作り始めたとき、内線が鳴った。
    が、受話器を上げても声がしない。 
    「薬局ですけど、なんですか? 」と呼びかけるが、何の応答もない。
    電話機には、A病棟のナースセンターを示す内線番号が表示されている。 
    電話の故障か?と思い、一旦切った。 
    だが、また内線が鳴る。出るとさっきと同様に応答がない。 
    これが2,3回繰り返されるとさすがにイライラしてきた。 
    しょうがなく、調剤室を出てA病棟に向かうことにした。 

    A病棟は5階。エレベータに乗り、階数ボタンを押す。
    2階、3階、4階…
    エレベータが止まり、扉が開いたときにようやく思い出した。 
    この病棟、改装中で使われてなかったよな…
    養生シートがそこら中に貼られている真っ暗なフロア。 
    目を凝らすと、エレベータの出口の真ん前にあるナースセンターに、看護師らしき人間が一人立っている。 
    火災報知機の赤いランプの灯で、ナースキャップ、そしてカーディガンを着た後ろ姿がうっすらと見える。 
    何をしているんだろうと、エレベータから降りようとしたとき心臓が止まりかけた。 
    その看護師の身体を透かして向こう側が見える…

    必死でエレベータの『閉』ボタンをガチガチと押した。 
    エレベータのドアが閉まり、再び開くまでひたすら目を閉じたまま耐えた。 
    そして「ちん」という音を聞くと、飛び出すようにエレベータを出た。 
    一刻も早く病院を出たかった。
    だが、調剤室を放ったらかしにはできないし、発注だけはしておかないとえらいことになる…。 

    小走りで調剤室に向かい、書き殴るように発注書を仕上げ、チェックして、
    ファックスに突っ込こもうとした時、また内線が鳴った。 

    着信音とともに、小さな赤いランプが点滅している。 
    無視した。絶対に表示を見たくない。 
    ファックスが送られたのを確認し、電気を付けたまま調剤室を出て、鍵をかけた。 
    暗くなった調剤室を見るのが嫌だった。 

    翌日、出勤すると、事務課の職員から「調剤室の明かりがつけっぱなしだった」と小言を言われた。 
    謝りながら、「A病棟って内線が通じるんでしたっけ」と聞くと、
    「えっ? 医局からも同じ問い合わせがあったけど、改装中だから通じませんよ」と言われた。

    皆様からの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などの寄稿を常に大募集しております。
    お話を投稿する 


     

    伯父に聞いた戦争中の話です。 

    実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家にいたので無事でした。 
    戦争が終わってしばらくして実家に戻ると、家の裏にあった井戸が埋め立てられていたそうです。
    なぜ埋めたのかときくと、被爆した人が何人か井戸に落ちたからだとか、もともと水が枯れた井戸だったので、
    近所の坊さんを呼んでお経をあげてもらってから埋めちゃったそうです。 

    毎朝、井戸のあった場所にお水をかけるのが実家の習慣になったんだけど、
    十数年経って少し生活に余裕が出てきたので、お正月にお酒をかけてあげたんです。 

    夜になってトイレに行こうと外に出た伯父が(トイレは外にある)井戸のあった場所の方を見ると、
    そこに赤ん坊を抱いた女性が立っていました。
    ちょっと離れた位置にいたんですが、
    その女性が「お酒ではなくてお水をください…」と言ったのがはっきり聞こえたとか。
    伯父が慌てて水を汲んで戻ってくると、すでにその女性はいなかったそうです。
    気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。


    オカルト ブログランキングへ 

    うちは親父が海外出張ばっかで家にいないのが普通の家庭だったんだ。 
    母ちゃんも飯作るのが面倒な時(少量自炊するのってすごい面倒らしい)は、
    知り合いがやってる中華料理屋によくいってた。
    俺が中学上がってから母ちゃんがフィットネスジムに通いだして、ママ友とおしゃべりしたいときは、
    「今日少し帰り遅くなるから~さん(中華屋のババァの名前)のとこで夕飯食べておいて」
    て言われて、よく一人で食べに行ってた。 
    そこの中華料理屋ぶっちゃけ不味くてさ、俺は行くの嫌だったんだけど、
    母ちゃんからすると知り合い同士だし、俺が一人で急にいってもツケにしといてくれるから便利だったんだよ。 
    んで、俺は金もないし腹は減るしでしょうがなく食いに行くわけ。 
    その中華屋はまぁ不味いわけだから客がいねぇのよ。 
    俺が行く夕方以降だとご飯ものはまずNG。
    朝炊いた米だから、端の方で乾いた固い部分とか入ってる時あって食えたもんじゃない。 
    客が少なくて料理が出ないから野菜肉も基本古い。だから俺は一番ましな麺類をよく頼んでたんだ。 

    ある日俺はいつものようにラーメン頼んで待ってたら、中華屋のババァがニコニコしながら、
    「~ちゃん、これ新しい麺のメニューなんだけど試してくれない?お題はいらないから♪」
    とか言ってタンメンもってきやがったの。
    俺は、
    『ババァ余計なことすんじゃねぇ!ここじゃ野菜はアウトなんだよ!そもそも俺が御代払うわけじゃねぇし』
    て思いながらも口には出せず、「ありがとうございます」て言ってモソモソ食い始めた。 
    俺は最初タンメンかと思ってたんだけど、よく見ると赤いしひき肉じゃなくて豚バラ使ってる野菜担担麺だったのね。
    それが結構おいしくてさ。俺はババァに「おいしい」って言って、こりゃあ今度から担担麺一択だわ~とか喜んでたのよ。

    それから俺は猛烈な勢いで中華屋に行くようになって、担担麺を食いまくったんだ。
    まぁラーメンとかって一回気に入ると中毒性でるじゃん?しかも辛いもんだから余計に食いたくなってさ。
    多い時は朝行って夜行く時もあったくらいハマったのよ。 
    あまりにもうめぇからクラブの連中なんかにも勧めて、親から小遣いもらってみんなで食いに行くこともあった。
    そんでその内子供経由でうわさが広まって、近所でその中華屋の担担麺が流行りだしたんだよ。 


    719 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 16:39:50.66 ID:mKp8RK1jP
    そんで俺があまりにも中華屋に行きたがってさ。
    母ちゃんが飯作っても当時の俺は食べたがらないで、よく喧嘩になってたんだ。 
    俺は親父が家にいないことが多いっていうのもあって、
    あんまり母ちゃん困らせたくないって考えが(母ちゃんは親父が出国した日の夜は心細くて泣いてた)ガキの頃からあって、
    今まで母ちゃんに反抗することなんてなかったんだ。 
    そんなだったから、普通だったらそこですごい怒られるんだろうけど、
    俺の場合やっと第一次反抗期が来たって思われたらしくて、
    家もある程度余裕があったから飯くらいは自由にさせようってなって、毎日夕食は中華屋で取ることになった。
    母ちゃんも知り合いのババァとお喋りできたから楽しかったし、
    俺も担担麺食って機嫌よく学校のこと話したりするから嬉しかったんだろうな。 

    担担麺食うようになってから半年くらいして、
    母ちゃんが瓶詰された担担麺に入れてる味噌?みたいなやつを持ってきてくれたんだ。 
    その時の俺は知らなかったんだけど、中華屋も夜は待ちが出るくらい客が来るようになってて、
    そうなると毎日飯を食いに来てる俺を見て、
    近所で『あそこの奥さん子供に夕飯も作らないで毎日外食させてるらしい』て陰口言われだしてたらしいんだよ。 
    それを聞いた中華屋のババァが、その味噌があれば家でも似たようなもの作れるからってくれたんだ。 
    その味噌見て俺も喜んだよ。早速母ちゃんがスーパーで買ってきた生めんのインスタント?タンメンに、
    味噌入れて野菜ましましで食わせてくれたんだ。
    そしたら中華屋と味が全く同じでうめぇんだこれが。 
    それからはもう野菜炒めに味噌入れたり鍋に味噌入れたりなんにでも入れて、
    俺は休日なんて3食味噌入りの料理食ってたの。 

    まぁみんなもここまで来たらわかると思うけど、その味噌になんか中毒性のあるやばい物が入ってたんだろうね。
    家で食うようになって俺の体調がおかしくなってさ。
    味噌を直接舐めるようになって、食欲が異常に出たり、いきなり笑いが止まらなくなったりしたんだ。 
    実は最初に味噌をもらった時に一回直接舐めたんだけど、
    その時は舌がびりびりして、とてもじゃないけど直接舐めれるものじゃないって思ってたんだ。
    (中国でよく使うコショウみたいな粉、バーミヤンのから揚げとかについてる奴がはいってて直接舐めると舌がびりびりした) 
    それが完全中毒になってからペロペロ舐め始めるんだから、明らかに異常だよな。 


    720 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 16:41:29.86 ID:mKp8RK1jP
    俺はよく暴れるようになったんだけど、母ちゃんは味噌が原因だって気づかなかった。
    中華屋のババァに何かの時に話した時に、ババァが超慌てて味噌で食わせるなって止めたらしい。 
    そのあと母ちゃんは知り合いに相談して、
    俺はよくわからん場所に送られて、夏休みとその前後3か月くらい軟禁生活になったんだ。
    薬とか飲まされたわけじゃないけど、毎日決まった時間に起きて決まった時間に寝て運動して食事して、
    水をよく飲まされたのを覚えてる。 

    ちなみに、その中華屋は今でも担担麺で繁盛してるし、美味いって評判になってる。 
    そんでうちの町内は変質者がすごい多いし、
    殺人までは行かないけど、刃物振り回したり車で人んちに突っ込んだりする事件が他の地域に比べるとかなり多い。
    関係があるのかはわからないけどね。 

    一応夏に連れて行かれた先とかその後も色々あったんだけど、もし聞きたい人いたら書き込むよ。
    幽霊系の怖い話じゃなくてすまん。


    723 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 18:18:37.71 ID:r/uUdcf5O
    とても面白かったから誤字を指摘するのはやめておくが これが気になる 

    >多い時は朝いって夜行く時もあったくらいハマったのよ。 

    朝から営業してる中華料理屋ってどんなんだよ 


    725 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 18:30:29.91 ID:2uFspyJ40
    関連話気になる。書いて欲しい。 

    でも、みそで食べさせるなって慌てたってことは、中華屋はなんかヤバイもん入れてる自覚があるってことだし、 
    >>718は特別治療をする病院に入れられたんだから、絶対第三者に原因がバレてると思うんだけどなぁ。 
    そんな特別治療する病院だったら、病院から警察に連絡行って、中華屋は潰れてると思うんだけど・・・。 


    728 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 19:59:52.73 ID:FT8n/YAa0
    >>725 
    麻薬、覚せい剤のたぐいじゃないから、警察には連絡いかないよ 
    たぶん情緒不安定って言われておしまいだし。 

    実際、中国漢方使ってたんじゃないかな。日本用じゃなく、本場中国の。 
    たとえば、ゴキブリも中国じゃ漢方薬になってる(日本では未認可) 

    よくニュースになってる合法ハーブにも、中毒性のある物質が検出されたりしてるからな


    729 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 20:03:08.72 ID:mKp8RK1jP
    朝から行ったっていうのは、午前11時の開店時間に行ったんだ。朝じゃないよな。すまない。 
    そのとき朝食を拒否してたから、俺にとっては朝御飯だったんだ。 

    誤字脱字あったら指摘してくれて構わない。 
    多少乱暴な言葉とかでも全然気にしないので、読みにくいところや意味不明なところあったらいってくれ。 
    わかる範囲で補足するよ。 

    入院というか施設みたいなところに入れられたのは、中華屋のババアの知り合いが口利きしてくれたらしい。
    ただ特別な施設って感じではなかったよ。 

    日付変わる頃に関連した小話を投下するよ。 
    前置きというか説明的なことが多いから、今から飯食って書くとその頃になると思う。暫しお待ちを。


    733 :本当にあった怖い名無し:2012/06/24(日) 21:35:03.78 ID:HQeeC7BO0
    油と砂糖は過剰に摂取すると中毒性が生まれるよ。ラーメンなら油なのかな 
    油は舌を通してではなく脳で直接美味しさを感じるらしい 
    油で脳内麻薬のβエンドルフィンが分泌されて快感を得られるんだ 
    大して美味くないのにリピーターが多いラーメン店はこれ


    735 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:28:02.42 ID:2OL0XE71P
    俺秋葉原の昭和通口方面の麺や武蔵っていう店のつけ麺が、大してうまくもないのに中毒になりかけたから、
    やっぱり油なんだろうね。
    気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。


    オカルト ブログランキングへ 
    怖い話ツイート中

     

    ここから中華屋の関連話です。
    担担麺出してた中華屋はまだあるし客の入りも良いよう。 
    ただお客さんが入りだすと食材が回るから新鮮なもの出せるし、
    そのおかげか今は“担担麺がうまい店”じゃなくて“中華のおいしい店”て評判の店になってる。 
    今もあの担担麺の味噌を使ってるかは不明。
    母ちゃんとババァはあのあとも仲が良くて付き合いがあった。 

    俺が担担麺の味噌(味噌というか瓶詰された豆板醤とかああいう系)舐めまくっておかしくなった時、
    母ちゃんに言われたのは、「絶対に味噌のことは他人に言うな」てこと。 
    俺も正直やばい薬でも入ってたのかもって思ったけど、今となってはわからない。 
    帰ったら瓶も捨てられてたし、その話題は親父にも言えないことになってた。 
    ただ、その瓶は明らかに中国での市販のものっぽかった。 
    開けた時も真空されてたっぽいし、ラベルもちゃんとあったと思う。 
    上に書いてくれた人がいるように、脱法ハーブみたいなきわめてグレーな漢方だったのかもしれない。


    736 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:28:50.12 ID:2OL0XE71P
    ただ前にも書いた通り、最初直接舐めたときは、
    バーミヤンのから揚げについてる山椒?を濃くしたような味がして、舌がびりびりしびれたのだけは覚えてる。 
    というか山椒の味だった。
    実際バーミヤンで、なんだこの粉?と思って山椒をつけてから揚げ食ったら担担麺味噌と同じ味がして、
    俺の脳が『これは食っちゃいけない!』て信号を発して、から揚げをその場で吐き出しちゃったくらいだから。 
    うなぎでもそれあって食った瞬間吐き出した。
    余談だけど、俺は山椒食うと体がぶるぶるって震える。 
    バーミヤンの時は友人(鬼太郎好き)と飯食ってて、
    俺があまりにも震えるから「ぶるぶるじゃ!妖怪ぶるぶるが~にとりつきおったぞ!」て最初冗談言ったんだけど、
    俺の震えが止まらなくて、本気で焦りだすくらい震えてた。 
    もし要望があればその時の友人の慌てっぷりも書くよ。 
    結構面白い奴で、そいつの実体験であろう幽霊系の怖い話も聞いたんだ。 

    当時母ちゃんがもらってきた味噌の瓶は6本(段ボール丸々一個)で、俺が食ったのは4本。 
    後半は飯だけじゃなく、かっぱえびせんを味噌につけて食うようになってて、4本目で直接舐めるようになりだした。 
    その頃テレビ見ても友達と話しても、それこそ箸が落ちただけで笑い転げてた。 
    友人に勧められたレトロゲードラクエ5で、
    「パパスがぬわー!」とか言って死んだ時爆笑しすぎて、スーファミバグったのを覚えてる。 
    もちろん冒険の書が消えた。『冒険の書1が消えました』って書いてあったのに2も3も消えてた。 


    737 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:30:25.91 ID:2OL0XE71P
    俺が入った施設は、施設っていうよりも民宿みたいなところで、年上ばっかだった。 
    別に鉄格子があるとかそういうんじゃなくて、普通にみんな和室部屋があって、そこで共同生活するみたいな感じ。 
    そんでほとんど中国人っぽい名前だった。
    俺のじいちゃんは中国人で俺にもその血は流れてるんだけど、正直中国人は嫌いだし韓国人も嫌い。 
    ただその施設の人たちはすごく優しかったし、今でも会えるんだったら会って、
    『あの時は優しくしてくれてありがとう』って一言お礼いうくらいならいいかなって思えるくらいだった。 

    長い前置きになって申し訳ない。 
    ここからが本題になるんだけど、
    なんで俺がずっと中華屋のことをババァって言ってるのかっていうと、
    別に俺が口悪いわけではなくて、嫌いな理由があるんだ。 

    俺がこっちに帰ってきてすぐ、中華屋のババァが俺に「味噌のこと言わないでね」って釘刺しに来たんだ。 
    そんで母ちゃんがいない時に俺の脚をめっちゃ強く踏んできて、俺は?!て感じ。 
    まぁ気づかないで踏んだのかもしれないけど、わざと踏んだとしたらおかしいだろ? 

    そんで、結構前に俺の親父が海外で事故で死んだんだけど、
    その時の葬式でも「お父さんは消されたんだよ」みたいなことを俺に言ってきたんだよ。 
    俺はかなり頭に来てさ。それ以来あのババァと朝通学路で顔合わせても、挨拶もしないで通り過ぎるようになったんだ。 
    それまではちゃんと『~おばさん』って呼んでたんだぜ。 


    738 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:31:14.78 ID:2OL0XE71P
    そんで間の悪いことに、俺の親父が最後に帰国した時(その半年後くらいに事故にあった)に俺にこんな話をしたんだよ。
    「~(俺の名前)、外国ではな、
     小さい子供や若い子の血を飲んで、健康で若々しいままでいるっていうのが流行ってるんだ。 
     お前は知らないかもしれないが、
     実際に合法的に献血のような形で若い人たちから血を買って、お金持ちに売るっていうビジネスが、
     近いうちにできるかもしれないっていうくらい、外国の金持ちではメジャーなことなんだよ。 
     そしてメジャーになれば、それを金にしようとするやつらの中で、悪いことをする奴らも出てくる」 
    そこまで聞いて、俺も親父が何を言いたいのかわかったし、親父もグロイ部分の話は言わずに話を進めた。 
    「皆人間だから、少しくらい悪いこともするだろう。でも、絶対にやってはいけない一線っていうものがある」 
    そういう話をしたんだ。
    (本当はもっと長い話をしたんだけど、それを書くとめちゃくちゃ時間がかかるから飛ばします。 
     ただ、その話を聞いて、親父が外国でどういうものを見てきたんだろうって疑問に思うようにはなった。
     全部例え話だったけど、それくらい衝撃を受ける話だった) 
    まぁそういう話を聞いた後だったから、ババァの消されたんだよ発言が頭から離れなかったんだよね。 
    別に危ない仕事をしてたわけでもないと思う。社会保険だったしね。 
    俺は親父の仕事についてほとんど何も教えてもらってないけど、
    ネゴシエイターとかそんな関係だって一回聞いたことがある。 
    友達は「大使館とかそっち関係の仕事なんじゃねーの?」て言ってた。 


    739 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:32:02.77 ID:2OL0XE71P
    そして決定的だったことが、これは母ちゃんの他の友人から聞いた話なんだけど、
    ババァが母ちゃんによく、
    「旦那さんは~さんをほったらかしにして大変ね。何かあったら私に言ってね」 
    「母親一人だとやっぱり怖いわよね。世間は物騒だし」 
    とか不安を煽りつつ、自分は味方だみたいな発言をしょっちゅうしてたらしい。 
    親父が行ってる国で何かあると、新聞とか持ってきて、
    「大丈夫かしら!心配だから電話かけてみたら?」とかよく言って世話を焼いてたらしい。 
    そんな感じだから母ちゃんからするとババァは良い人で、結構頼りにしてたみたいなんだ。
    (実際困ったことがあると、いろいろしてくれてた)
    そしてそれは、俺が施設にはいった時期からもっとひどくなったらしい。 

    俺からするとババァはやっぱり中毒性のある何かを料理に入れて使ってて、
    俺が4本も毒味噌を舐めるとかあほなことしてあんな事になって、
    ババァのやってることがバレないか心配で、俺と母ちゃんが邪魔だったんじゃないかと思う。 

    そもそも俺がここに書き込んだのも理由があって、
    俺今月中に今住んでるところを引っ越すから、
    もしこの書き込みをババァが見てももうどうでもいいやってなったから書き込んだんだ。

    母ちゃんはババァからの精神攻撃のせいかまだ若いのにボケて、引っ越しと同時に施設に入れる予定。 
    俺はその施設の近くに引っ越して、
    通勤は時間かかるけど施設に週の半分、残りは新しい家でヘルパーさんの助けを借りて母ちゃんと住むことにした。 


    740 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:32:52.96 ID:2OL0XE71P
    もちろんババァに引っ越し先は教えない。 
    まぁさすがに恐いから、ババァの店が特定されるようなことはしないし、
    母ちゃんがぼけたのも親父がもういないっていうのが一番の原因だからいいんだけどさ。 

    俺が思ったのは、やっぱり人間が一番怖いってこと。 
    この辺の町内だけが異常に変質者率が高いとか、ババァが母ちゃんと俺におかしな態度取るのとか、
    何一つ確実な証拠はないけど、なんていうか本当に後味の悪い不気味なことってあるよ。
    俺はもう引っ越すけど、これからあの中華屋周辺で何か大きな事件が起こっても俺は何もおかしくないと思う。 

    なんだかほとんど愚痴みたいになってすまん。とりあえずあったことそのまま書きなぐってみた。 
    みんなも食べ物には気を付けてな。


    741 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:40:59.37 ID:2OL0XE71P
    夏に連れてかれた施設は、上にも書いた通りみんないい人だった。 
    ただなんでお礼を言いたいとか書いたかっていうと、実は変なことはあったんだ。 
    そんでその時にすごく良くしてくれたから、そういう意味も込めて、
    今からでも会えるならお礼くらいは言いたいって意味で書いたんだ。 
    この話はまた後日まとめられたら書き込みます。
    中華屋と同じで落ちも何もない、でもなんかよくわからん謎な話なんだけど、暇つぶし程度に読んでもらえればと思う。
    恐怖の度合いでいったら、ぶるぶるがどうこう言った友人の体験談の方が怖い。 


    742 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:41:20.98 ID:AFS4/+L4O
    お、おう・・・何か壮絶な話だな 寝らんなくなって来たわ とりあえず乙でした 


    743 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:51:53.88 ID:2OL0XE71P
    俺も書いてたらなんかババァがどこからか覗いている気がしてきて寝れなくなってきた。こええ。 
    みんなもババァが今どこからか自分を覗いてるって思ったら怖いだろ? 


    745 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:56:33.63 ID:TNKYHABh0
    ぶるぶるの友人の話、またよろ。 

    血をのむ話って、有名ななくなった人の予言にあったな。 
    権力者達は、変な儀式してて血のんでるって。 


    746 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 00:57:09.43 ID:ZLZjqs8C0
    ババアもヤバい味噌だと認識しているところが怖いな。 
    そのババアって中国人? 


    747 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 01:07:28.98 ID:2OL0XE71P
    友人の話はまとめ次第投下するよ。
    ただ、自分の話は実話だって断言できるけど、友人の話はどうなんだろう。別に投下した方がいいのかね。 
    友人の話は俺も結構聞いた側で面白かったから、どちらかというと話したい!なんだよね。 
    鼻折れたりしてるし怖いっちゃ怖いけど、結構笑えると思う。
    だって鼻折れてるんだぜ?もうそれだけでどういう折れ方したか気になるだろ?
    鼻 が 折 れ て る ん だ ぜ?ガチでww 

    俺の話はこうして見てみるとすごい壮絶な話に見えるけど、
    実際は親父が事故で死んでそれがショックで連鎖して母親がぼけてーってだけだから、
    実際は結構身近にそういう話あると思う。中華屋はおかしいけどさ。 
    血を飲むのはオカルト系じゃなくて、単純に健康とか肌にいいからなんだって。
    合法的にだったら全然悪くないし、体にも実際かなりいいらしい。 


    751 :本当にあった怖い名無し:2012/06/25(月) 01:54:16.52 ID:2OL0XE71P
    >>746 
    名前は中国人っぽいよ。ただ日本語は普通にしゃべってる。そこの中華屋の従業員は明らかに中国人で片言。

    怖い話ツイート中


    大学卒業してすぐにニューヨークへ留学した。 
    語学学校に二年いってから専門学校に入校。 
    仲の良い友達も出来た。
    向こうにいてビックリしたのは、引越しをすることがイベントみたいになってて、仲間で終わらせること。 


    302 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:33:12.87 ID:4GRE46BPi
    同じクラスのヴェネズエラ人の引越しを手伝うことになり、日本人二人とトルコ人、プエルトリコ人でスタートした。 
    元の家から荷物を運び出して、アストリアてエリアまでレンタカー。 
    新居についてドア開けるなりツーンと土の匂い。 
    ニューヨークで三回目の経験。。 


    303 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:37:17.42 ID:4GRE46BPi
    恐る恐る入るとワンベットルームらしく、玄関入ってキッチン、リビングがあって、その奥にドアがあって寝室。 
    寝室まで行くと匂いが無くなった。
    荷物を上げる度にドアをくぐると感じる。。玄関あけてすぐ左の壁。。
    とりあえず完了するまで無視した。 


    304 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:42:28.38 ID:4GRE46BPi
    夕方に引越しが終わり、皆でウイニングイレブンしてた時に、
    しれーっと玄関に行き、壁を見てみると、物凄く嫌な気分になった。 
    壁をじーっと見てると、アンバランスな+マークが何層か前のペンキにありそうな感じがした。
    日本人の友達を連れてきて「見える?」と聞くと、「十字架を逆さまにしてるんじゃないか?」と言われた。 


    305 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:46:57.35 ID:4GRE46BPi
    少し気持ち悪くなったけど、夜中まで遊びその部屋に泊まった。 
    プエルトリカンは帰り、主のヴェネズエラ人は寝室で寝て、
    自分ともう一人の日本人はソファから出てくるベッドで、トルコ人はソファ。 
    こっからが地獄だった。。 


    306 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:50:46.65 ID:4GRE46BPi
    自分も酔っていたのですぐ寝れると思ってたけど、玄関が気になり過ぎて全く寝れなかった。。 
    トイレにいって、もっかいベッドの端にいって目を瞑ると、匂いとかなんも無しで五分ぐらいしたらいきなり金縛り。
    玄関から二人ぐらいでかい男が歩いてくる。。自分目が開いたまま。。 
    目が閉じれない金縛りは初めてだったので、本当に失禁しそうになった。


    307 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:55:00.57 ID:4GRE46BPi
    玄関から歩いてきたのは、黒装束に身を包んだめっちゃでかい男二人。 
    二人とも白人だったけど、ヨーロッパ顔だった。 
    二人がユラユラ歩いてきて、玄関側に背を向けてるソファで止まった。 


    308 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 02:59:40.94 ID:4GRE46BPi
    トルコ人の耳元でなんかブツブツ言ってる。
    二,三分したらこっちにきたけど、
    ソファの下から折りたたみのベッドを出してるからテーブルとベッドがくっついて、二人はこっちにくる隙間がなかった。


    309 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:04:26.57 ID:4GRE46BPi
    日本人の友達が二人に絡まれると思ってたら、さすが洋物の人たち。
    友達とかマットレス関係無くスルーしてきました。
    太ももから下はずっぽりマットレスに埋まってるていうか、透けてる感じ。。 
    で、一人は自分の体をスルーし、枕元に完璧に立たれ見下ろされる。 


    310 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:12:16.07 ID:4GRE46BPi
    頭の上から打ち落とされるように、英語じゃない呪文みたいなことを、
    ひたすら10分ぐらいか30分か、怖過ぎたから数分たったかも。。 
    今でも二人の顔覚えてるぐらい長かった。。

    なんか呪文が終わったらしく、二人が消えて金縛り終了。 
    ここで終わると思いきや、すぐに金縛り。。。めっちゃ土の香り。 


    311 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:20:05.10 ID:4GRE46BPi
    急に最悪な気分になって、死んたほうがいいや的か空気になった。 
    その時に天井に飛んでました。。悪魔か鬼みたいなんが。。 
    全身ふっとい血管だらけで、大きさはラブラドルレトリバーぐらい。 
    直視できなかったけど、形は超猫背な人間。色は緑か青。 


    312 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:25:54.08 ID:4GRE46BPi
    寝ている三人を上から見渡して「you guys are not,,,,」て言いながら壁から出ていった。
    「お前らは,,,,じゃない」て言われたから、大丈夫だった途端ガッツリ眠りに落ちた。 

    朝起きて、トルコ人に昨日変な夢みたかと訊ねると、「すごく嫌な夢をずっと見てた」て怒ってた。 


    313 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:32:38.16 ID:4GRE46BPi
    日本人の友達Hに昨夜の話をすると、全然知らなかったと言われた。
    ただ面白いので、家主には何も言わず不動産屋さんに昼から二人で行くことにした。
    マンハッタンとかブルックリンは築100年、80年とかは当たり前なとこがあるけど、家主の家は築40年。
    不動産に行くとおじいちゃんだったので、もしかしたら。。と思った。 


    314 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:36:29.35 ID:4GRE46BPi
    ユダヤ人のおじいちゃんにアパートの住所を伝え昨夜のことを話すと、
    笑いながら「that kinda shit never gonna happen」。
    そんなこと起こるわけない!てshitを交えながら答えられた。。 
    ただ、37年分の履歴をすぐ見れるから調べよう!てなった。 


    315 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:41:34.66 ID:4GRE46BPi
    手書きの履歴を三人でめくっていくと、79年でビタっと手が止まった。
    なんたらhelmanて筆記体で書かれた名前の上から二重線が引かれて、
    evilなんたらのためムーブアウト。。。てメモ書きby若き日のおじいちゃん。 


    316 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:46:10.74 ID:4GRE46BPi
    おじいちゃんが難しい単語ばっかり話してたけど、明らかに悪魔崇拝信教の人間が住んでたみたい。 
    今までガチで忘れてたらしい。。
    ただ、家主には申し訳なさすぎて何も言わなかった。 
    結果その後二年間そいつの家にはいかず、なんもありませんでした。


    317 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 03:51:06.17 ID:4GRE46BPi
    て、また何が言いたいかわからない事になったような。。 
    ただ、あそこまでエグいのは最初で最後でした。 
    恐らく悪魔ですから。。。 

    アストリアに24時間あいてる有名な大きいダイナーがありまして 
    そっから徒歩10分圏内のアパートです。
    おしまい。 


    319 :本当にあった怖い名無し:2012/05/06(日) 09:33:05.39 ID:I+965Qeai
    おもしろかった。キリスト教徒以外は悪魔にとっては管轄外なのか 


    321 :本当にあった怖い名無し ◆M0.k8P9Wf. :2012/05/06(日) 13:30:37.83 ID:4GRE46BPi
    >>319 
    家主のヴェネズエラ人は思いっきりクリスチャンで、名前もAngelて書いてアンヘルでした。
    大丈夫だったから良かったけど。。

    怖い話ツイート中


    このページのトップヘ