ほんとうにあった怖い話

怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    カテゴリ: ほんのりと怖い話スレ


    ほんのりと怖い話スレ その16

    『役』
    530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/04 21:39
    ある平日の昼下がり、市ヶ谷駅前から九段下に向かう道を一人で歩いていた。
    すると、すぐ後ろから中年男性2人が、声高に話し合いながら歩いてくる。
    声はでかいし、私のすぐ後ろにぴったりくっついてくるのでうざくて、
    ここはスピードアップして引き離そうと思い、歩く速度をあげた。
    ちなみに私は女にしては歩く速度がかなり速い。背もでかいから歩幅もある。
    ところがおやじ2人は全然離れない。同じ速度でついてくる。ほとんど走っているようなスピードになってもついてくる。
    ・・・・・だんだん怖くなってきた。
    こいつら何者?もしやこの世のものではないのでは?でも怖くて振り向けない。
    だってウナジのすぐそばくらいに顔がある感じなんだもん。

    やがてある店に前まで来た時、そこのショーウインドウに映る姿を勇気を出して見てみた。
    そこに映っていたのは、私と・・・・・・・・・・おやじが一人。
    そのおやじは、一人で二役をしながら、私の後をぴったりと猛スピードでついてきていたのだった。
    駅前から数百メートルの間。声色を変え、立ち位置を変えながら・・・・。

    オカルトではないけど、生きているキティガイ人間の方が怖いと思った一瞬でした。


    『ベッドに入って寝た』
    617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/21 16:58
    オレが高校生の時の話。

    その日は夜11時頃ベッドに入って寝た。
    深夜に突然そばに置いてあるラジカセから大音量でラジオが流れた。
    びっくりして飛び起きて急いでスイッチを切った。
    (当時二段ベッドの下の段にオレ、上に弟が寝ていて、非常に仲が悪く後で文句言われるのがイヤだった為)
    ふと時計を見ると1時30分。
    どうやら寝る時にスイッチを切ったつもりが、スリープの方にスイッチを入れてしまったらしい。
    (後にも先にもこんな事は一度もなかった)
    そんでまた寝た。

    次の日、いつも一緒に学校に行くMと学校に向かう途中、
    突然Mが「そういや昨日K(オレの事)うちに来たぜ~」と言った。
    オレが『何言ってんだコイツ』と思いながら「はぁ?」と言うと、Mは笑いながら、
    「昨日の夜オレが勉強してたら、Kが部屋の隅から上に上がって、ベッドすり抜けてそのまま天井に消えてった」と言った。
    その時オレはピーンときて「それ何時頃?」って聞くと、
    Mは「え~と、1時30分頃かな」と答えた。
    オレはMに昨夜の事は話していないので結構びっくりしたが、
    それよりもMがオレの姿を見て「怖くなかったか?」と聞くと、
    「最初ちょっとびっくりしたけど、K笑ってこっち見てたから別に怖くはなかったな」だと。
    そっちの方がスゲェと思ったよ。


    『結婚した時に購入した冷蔵庫』
    669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/25 00:51
    結婚した時に購入した冷蔵庫があった
    物凄くでっかい冷蔵庫
    場所をとるし家に入れるのも大変だった
    子供が生まれて大学はいって家を出ていった
    それを契機に数年来不仲になっていた私達は離婚した
    離婚が成立したその日の夜、妙な音をたてて冷蔵庫は壊れた
    結婚して以来ずっと欠かすことなく20年以上我が家にあった冷蔵庫
    家族が崩壊したその晩に寿命を終えた
    フル時計の歌みたいだけど、物にもなんかそういうのあるのかもしれない


    ほんのりと怖い話スレ その16

    714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/26 20:01
    職場の4人で街の一画にある居酒屋で飲んでた。
    その中に「昔霊感があったよ」言う奴がいて、
    ほろ酔い加減になったころ「変なのいるから払ってあげる」とか言い、先輩に変なことした。(拍手?)
    その時は別に何も起きなかったんだけど、数分後、奴は汗だらけになって、夏だっての震えだした。
    あまりにも様子がやばかったので、飲み会は切り上げ帰ろうとしたら、
    「水と紙コップたくさん用意して」と奴は切羽詰った表情で言い出した。
    事情が飲み込めなかったけど、ある先輩が「コンビニいって買って来い」と俺とあと一人に命令した。
    ほんでもってダッシュで買いに行き店に戻ると、「これじゃ足りない」なんていう始末。
    今度は俺一人でコンビに行って、店に戻ると仲間はみんな出た後。
    仲間を探すため店から出ると、道端にコップがあることにに気づいた。
    奴の仕業としか考えられなかったので、他のコップを探していると、奴は道端でコップに水を注いでた。
    2本買ったペットボトルはもうあと少しで無くなりそうだった。
    「○○さん、これでいいスカ」と俺は3本のペットボトルを差し出し声をかけた。
    戦々恐々という表情があるならこの時の奴の顔だろう、目線があった時は死にそうな面してた。
    俺の手からビニール袋ごと奪うと、「ありがとう。○○神社ってどっち」と聞いてきたので、
    「表通を駅に向かえばOKですよ」と言うと、コップに水を注ぎ置き始めた。
    一人にする訳にも行かないので奴の奇行と一緒にいると、先輩2人が水を片手に戻ってきた。
    俺は遅いぞと先輩に怒られ、店に奴のバッグを忘れていることを伝えられ店に戻ることになった。
    でバッグを取り、神社へ向かう途中、コップを幾つか見つけたのだけれど、
    何故か少なくなったり、中身が空のがあった。※別にコップが倒れてた訳ではない。
    変だな~と思い水の入ったコップを見ていると携帯が鳴り、応じると先輩が『早く蓋原さんにこい』って。
    電話切って、もう一度コップ見たら水無くなってた。w
    感の悪いおいらでも何かヤバ~な状況は判ったので、急いで神社へ向かいタクシーで帰りましたとさ。


    715 :714 :04/02/26 20:02
    後日、水の買出しを指示した先輩に尋ねたら、過去に奴と同じ事務所にいたことがあって、
    現場から戻った先輩の具合が悪くなり休んでいるときに、奴が水を持ってきた。
    奴の言うように飲んだら体調が元に戻ったことがあったので、奴の状態が理解できたらしい。
    ちなみに当時は霊感があるなんて公言してなかったそうだ。
    霊感が無くなったから喜んで口に出したのだけど、転勤してきてまた霊感が戻ったんじゃないかって。


    ほんのりと怖い話スレ その16

    728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/27 06:56
    自分は過去3回しか金縛りらしきものにあったことしかないが、
    今でもしょっちゅう金縛りに会うという友人の話。

    あるとき仰向けで寝ていたら金縛りにあったそうな。
    「あー、またか」なんて思っていたら、どこからか波の音が聞こえてくる。
    しばらく天井を見つめながら波の音を聞いていたんだが、ふっと頭だけが動くようになったらしい。
    首を動かして足元のほうを見てみると、ベットの横に見知らぬおばあさんが座っていて、
    行李らしきものに小豆を入れたものを揺らして、「ザー、ザー」と効果音を出していたんだと。
    首を戻して目が離れたすきに音もおばあちゃんもいなくなって、金縛りが解けたらしいが、
    「今までので一番意味がわからなかったよ・・」と言っていた。
    たしかに意味不明だわな。


    732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/27 16:18
    >>728
    まんま妖怪小豆婆


    734 :728 :04/02/27 16:26
    >>732
    小豆婆っていうのがいるのか!
    今度その友達に教えてあげよ。


    739 :728 :04/02/27 18:56
    早速小豆婆のこと友人に言ってみたよ。
    でもなんか違うって。
    友人が見たのは、のびたくんのおばあちゃんみたいな優しそうな丸い感じのおばあちゃんが、
    大きな四角い行李に入った小豆(米かもって言ってた)を、ゆっくりゆっくり左右に揺らしていたんだとさ。


    ほんのりと怖い話スレ その16

    817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/29 09:44
    あれは小学校1年生か二年生かのころの話です。
    当時、仲のよかった三人の友達がいました。俺を含めると4人。
    それで、その4人がその時ハマってたのが、砂場で山を作って、水路を作り、頂上から水を流す遊びでした。
    しかし、その日はいつも遊んでいた公園を上級生に占領されてしまい、チャリで追いまわされて追い出されてしまいました。
    水汲み用のバケツを持参していた俺たち4人はそのまま家に帰る気にもなれず、
    他の公園にいこうということになり、その公園から少し先にある小さい公園に向かいました。
    しかしその公園の砂場はすでに先客がいたし、何より水道と砂場の距離が離れているので、
    俺たちのやろうとしている遊びには適してしませんでした。
    じゃあ、今日は帰ろうかという風になり始めた時、誰かがジャンプ公園にいこうと言い出しました。
    そのジャンプ公園というのは通称で、正式にはなんていう名前かは知りません。
    そのジャンプ公園は公園のすぐとなりが雑木林でなんとも不気味な公園でしたし、
    学校では幽霊が出ると噂される公園でした。


    818 :817 続き :04/02/29 09:55
    ジャンプ公園の噂は子供の間ではかなり有名なもので、
    遊具も多くて比較的広い公園なのに、昼間でもだれもいないような怪しい不気味さがある公園でした。
    しかし、遊びたい一心の俺たちチビッコ小学生四人組の前では、そんな噂はなんの歯止めにもなりませんでした。
    みんなでジャンプ公園に急いで向かいました。
    それだけ、砂場での水遊びにハマっていたのでした。

    予想通り公園に誰もいません。
    始めのうちは公園の不気味さを感じながら恐る恐る遊んでいた俺たちでしたが、
    熱中し始めてしまえばそんな不気味さなど全く気にならなくなっていました。


    819 :817 続き2 :04/02/29 10:07
    ひとしきり砂場で山を作って水を流したりダムを作って水をためたりして砂場での水遊びを楽しむと、
    ちょうど日が暮れてきてパンザマストがなり始めたので、俺たちは帰ることにしました。
    日が落ちてくるとジャンプ公園は一層不気味さをましていました。
    こんな不気味なところでよく遊んでたなと、その時思ったのを覚えています。
    結局ジャンプ公園には俺たち以外誰も来ませんでした。

    四人で家に帰る道すがら話していると、友達一人Iが妙なことを言い出しました。
    「ジャンプ公園て幽霊のせいで誰も遊んでないと思ってたけど、俺たちのほかにも遊んでた人いたね」
    すると友達のMが「どこで遊んでたの?誰もいなかったよ」と聞き帰すと、
    Iは「ブランコで女の子が一人で遊んでたじゃん」と答えるのです。
    水道はブランコの近くあったので、水汲み係だった俺は誰かが遊んでたら気がつくはずです。
    しかしブランコには誰もいませんでした。


    820 :817 続き3 :04/02/29 10:16
    不気味な思いを抱えながらそれぞれの家に帰りました。
    家について気がついたのですが、
    水汲みようのバケツは俺ので、それをジャンプ公園に忘れてきてしまったのです。
    母親に事情を話すと「今日はもう暗くなっちゃったから明日とりに行きなさい」と言われました。
    正直今から取りにいけと言われなかったことでほっとしました。

    その日の夜九時ごろですが、帰宅した父親が俺の公園に忘れてきたはずのバケツを持っていました。
    ちょっと不機嫌そうに「おい、バケツで遊んだんなら玄関の前に置いておかないできちんと片付けろ」と言っています。
    そのバケツは何処にでもある普通のバケツで、名前も住所も書いていません。
    しかし、そのバケツには泥や砂がついていて、確かに俺の持っていったバケツでした。

    子供心にめちゃくちゃ恐かった思い出です。



    ほんのりと怖い話スレ その17

    218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/03/19 12:18
    かなり以前のこと。
    当時勤めていた職場に、Aさんという人がいた。
    Aさんは、自分の席の横の窓から飛び降り自殺した人がいることを、半ば自慢にしていた。
    新入社員や営業さんがやってくると、わざわざ窓枠に残っている足跡を見せて、
    「これがこの人のこの世での最後の足跡なんだよ」とか、
    「僕が部屋を出るときすれ違ったから、僕がこの世で最後に出会った人間なんだな」とか言っていた。
    足跡は、雨にあたらない所にあったせいか、長い間残っていた。

    ある時、大掃除があって、その話を知らないアルバイトの女の子が窓枠をきれいに拭いてしまった。
    Aさんはすごく不機嫌になり、女の子をネチネチいじめていたが、ある時から何も言わなくなった。
    窓枠に再びホコリがたまり始めたら、あの足跡が現れたからだ。
    Aさんの自慢話はぴたりと止まった。


    219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/03/19 12:51
    >>218
    例えばゴム底靴だとしたら、全体重をかけて踏むと表面のゴムが窓枠にコーティングされて、
    掃除すると肉眼では見えなくなるが、時間が経つとホコリがそこに吸い寄せられて足跡が現れる・・・
    という解釈が成り立つな。
    まあ、靴と窓枠の材質にもよるが。


    234 :218 :04/03/20 23:30
    >>219
    そうだと思う。ゴム靴の跡が金属の庇みたいな部分にくっきり残っていたから。
    Aさんは、「どうして跡が残ったと思う?脂性の人だったから、脂が残ったんだよ!」なんていうネタにしてたけど。

    ひとつ思い出したことがある。
    その自殺した場所の窓からは、すごくきれいな夜景が見えた。
    夕方から夜にかけては、少しづつ灯っていく家の灯りがとてもきれいだった。
    私はその夜景が好きだったから、「こんな夜景を見ていたら、死ぬ気も無くなるんじゃないかな」とか言ってた。
    それを聞いたAさんとは別の上司が、
    「これだけある灯りの、どれひとつも自分の帰る所はないし、受け入れてくれる場所もないと考えてみろ」と。
    その頃はそんなもんかなと思っただけだが、時間が経って、だんだんわかってきたような気がする。

    このページのトップヘ