ほんとうにあった怖い話

怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    カテゴリ: 投稿ほん怖

    ついこの間、彼女と廃墟に行った時の話。 
    たいして怖くないうえ、無駄に長いけど聞いてくれ。 

    俺の彼女はちょっと変わってて、幽霊やらUMAやら都市伝説やら、とにかくオカルト全般が好きなのね。 
    そんな彼女だから、廃墟探索も結構ノリノリだったわけ。まぁ、最初は「それって不法侵入じゃん!」とかって渋ってたんだけどさ。 

    で、その廃墟ってのが、地元でも割と有名な場所でさ。他殺だか自殺だか忘れたけど、何かで死んだ女が出るって噂のホテル。とっくの昔に潰れたのに、何故かちっとも解体工事が進んでないのね。 
    ベッドとかもまだ残ってるから、カップルで来てそのまま……ってのもあるらしい。だから俺としてみれば、そういう展開もちょっとは期待してたんだよ。 
    まぁ、実際はベッドが汚すぎて、それどころじゃなかったけど。 

    その日はお互いの仕事が終わってから向かったから、問題のホテルに着く頃には0時をとっくに過ぎてた。 
    見た目は想像してたより不気味だった。その時点で既に帰りたくなったけど、誘ったの俺だし、何より彼女の手前そんなこと言えないし。 
    それで怖々、正面玄関を確認してみると、鍵が壊れてて、拍子抜けするほどすんなり侵入できたんだわ。 
    中は荒れ放題で、いつのだよってツッコミたくなるレベルに古いエロ本、ルームキー、壊れた黒電話、ガラスの破片、ビリビリの布団……、とにかくいろんなもんが散乱してた。 
    ここまでくると恐怖も薄れて、俺はなんかお宝ねぇかなって、あちこち漁ってた。 
    彼女も彼女で、「この黒電話が急に鳴り出したら怖いね」とか、「私達の会話を録音したら、いるはずのない第三者の声が入ったりするかな」とか、若干笑えないジョークを言いつつ、持ってきたカメラで撮影してたな。 
    時間的には1時間くらいいたと思う。特に怖いことなんて起きなくて、起きたことを強いて言うなら、落ちてた犬のうんこ踏んだくらい。すげぇ臭かった。 
    で、飽きてきたからそろそろ帰るかって話になって、来た道を戻りだしたのね。この時、初めて異常があった。
    なんつーか、寒いんよ。いや、11月後半で天気も悪かったから、寒いのは当たり前なんだけど、それにしては寒すぎると言うか。そもそもちょっと前までそんなことなかったし、突然寒くなった感じ。うまく言えん。 
    彼女を見たら平然としてて、「寒気感じてるの俺だけ?」って、怖くなってさ。 
    彼女はそんな俺を心配してくれて、その日はそれで解散になったんだわ。 
    でも、帰ってからも寒気が消えなくて、なんかだるくなってくるし、何もする気になれなくて、そのままベッドに転がってたのね。 
    ひとり暮らしなのに、部屋に誰かいて、じっと見られているような気配がしてさ。 
    でも次の日も仕事だし、気のせいだって言い聞かせて、電気つけたまま寝た。無理矢理寝た。 
    ぶっちゃけると、何かつれてきちゃったんじゃないかって、すげぇ怖かった。 
    だけど朝にはその気配もすっかりなくなってて、やっぱり気のせいだったんだなって、釈然としないけどそう思うことにした。 

    それで、数日後。彼女が「そう言えば」って話してくれた。探索をした日の夜、妙な夢をみたらしい。 
    真っ暗な俺の部屋で、俺が布団に寝てるんだけど、それを見つめる髪の長い女がいる。 
    はじめは俺の足元に立ってるだけだった女は、やがて俺を踏みつけながらゆっくりと頭の方へ移動しはじめた。この時、俺が唸りだしたらしい。が、彼女は「あんな場所へ行ったから変な夢をみてるのかな」とスルー(ひでぇ)。 
    呑気な彼女を尻目に、女は俺の胸のあたりまで移動してしゃがみこんだ。そして俺の首へと腕を伸ばしたあたりで、彼女も「たとえ夢だとしても、ここで助けないのは人としてダメなんじゃないか」って思ったらしい。 
    女の腕を掴んで引っ張ってみたけど、びくともしない。その間に女は俺の首を、両手でキリキリと締めはじめた。本格的に苦しみだした俺を見て、さすがの彼女も焦ったらしい。 
    俺の首から女の指を外そうとしてみたり、女の肩を強めに揺すったりしても、女は首締めをやめようとしない。
    そこで彼女は何を思ったのか、女の長い髪を掴んで、思い切り引っ張ったらしい。そしたら女はようやく手を離した。 
    彼女は女の髪を引っ掴んだまま玄関まで歩き、ドアを開けると女を外へと放り投げた……ところで目が覚めたらしい。 

    俺もそこで初めて、あの夜に変な気配を感じてたことを話したんだけど、彼女は「女の喧嘩はまず髪を掴めって言うけど、本当なのかもね」って笑ってた。 
    俺が感じてた気配はこの女だったのかなとか、それが消えたのは彼女のお陰なのかなとか、どっちもただの思い過ごしなのかな、とか色々考えた。 
    けど、得体の知れない女の髪を掴んで外へ放り投げた、彼女自身が一番怖いんじゃないか? というのが結論。



    高校の時に、自称「見える」人がいた。守護霊見てあげるねーと言われたので、話に乗ってみることにした。私以外に三人見てもらったが、三人は「守護霊がおばあちゃん」「幽霊撥ね退けるタイプだね」「何か作った?蛇が絡みついてるよ」と言われていた。蛇が絡みついていると言われた子は、蛇のタルパ作っていたことが後に判明。 
    私の方は「お前どうした。霊が列作ってる!守護霊なんて最後尾のプラカード持っている人みたいだし。右に白い狐と左に白い人とか。白い人が守護霊の役割してるし」と大笑いされた。 
    並びは、人私狐という横並びだそうだ。白い人の身長は180~190の間で、良いものでも悪いものでもないが幽霊を食べていたりそこら辺の幽霊よりは余裕で強い。お祓いをした方が良いとまで勧められた。怖い話には関わるな。白い人はたまに狐に怒られている。とまで言った辺りで、「この話はもうしない白い人に睨まれた。気付かれたくなかったみたい」と言われた。ラノベにありそうと内心笑っていたが、なんとなく「幽霊か分からないけど、行くべき所にはいつか行って。悪さしないなら居ても良いかな」と思っていたら、見える人が私を見て「お前何を思った?白い人が笑顔でお前の首に手を回してるんだけど」となんとも言えないような表情で言ったことが印象に残っている。 
    「首絞め?」 
    「違う。嬉しそうに抱き付いて・・・分かったから!この話はしない!」 
    と無理やり会話を切られた。それからすっかり見える人とは、疎遠になってしまった。 
    余り怖くない話ですまない。 
    さて、この見える人に話を聞く前の話を簡単にしようと思う。 
    ある夜金縛りにあったことがあるのだが、澄んだ声で「人を怨んではいけないよ」と真っ白な服を着た人に言われたことがある。息遣いがはっきり分かるぐらいの至近距離から。ただ、私は目を開けていない。何故白い服だと思ったのか。そして頭を撫でられて金縛りは消えた。これが、見える人が見た人と同一人物だと仮定するならきっと悪いものではないと思う。 



    何年か前、旅行パンフを徒歩で配る仕事をしてた。 

    配達先の中に、細い路地に入らないと行けない家があった。 
    その路地は大通りから入る、自転車が通るぐらいの細い道。 
    入口の左側は駐車場で、右側は民家。 

    路地の先は広い砂利道で、白い塀と木々がとてもきれいなところだった。 
    田舎なので門は開けっ放しで誰もいない。 

    初めて路地に入ったとき嫌な場所だなと思った。 
    日当たり抜群で白い塀と砂利で新緑のある風景だったのに、なぜか不気味だった。 
    学校がすぐそばにあったのに異常に静かだったからかも。 
    その地域自体が元々嫌な感じがしてて、できればあまり近づきたくない場所だった。 

    翌月も配達に回り、以前と同じく大通りからその路地へ入ろうとした。 
    その瞬間、路地の先にある白い塀と木に血がべったりとついているのが見えた。 
    今見ていた入口の民家と重なって、一瞬だけ。 

    驚いて立ち止まったけど、「まぁ気のせいだろ」と路地へ入ろうとした。 
    でも、体が動かない。 
    足が地面に引っ付いたみたいに全く動かせなかった。 
    あれ?と思って上体にも力を入れたけど体そのものが前へ進まない。 
    ぎょっとして一歩後ずさると足は動いた。 

    何が起きたのか全く分からなくて、怖くてしばらく大通りをうろうろした。 
    意を決してもう一度路地に入ろうとしたけど、やっぱり入れなかった。 
    大通りでは普通に動けるのに、路地に入ろうとした途端体が動かなくなる。 
    反動をつけて動かそうとしてもだめ。 
    何かに正面から押されてるみたいに動けなかった。 
    よそから見たら不審者そのものだったと思う……。 

    入れないものは仕方ないので、その日は帰った。 
    今思えば違う道から入ればよかったんだけど、思いつかなかった。 
    入れなかったのはその時だけ。 
    最近知ったけど、あの路地の辺りはほとんど空き家だとか。



    1ヶ月ほど前でしょうか、職場の傍で交通事故がありました。日曜日のお昼のことでした。 
    かなり大きな事故だったようです。その影響で道路は通行止めになり、客足はぱったりと途絶えてしまいました。 
    稼ぎ時に起きた突然の事故に、私の職場(地方の観光地です)は大打撃を受けたので、よく覚えています。 

    そして、ここからが先輩の体験談になります。 
    その後、夕方になっても通行止めが解除されず、他の従業員さん達と「やけに長いね」と話している時、電話が鳴ったそうです。出たのは先輩でした。 
    「すみません、落し物をしてしまったんですが」と、電話の相手は切り出しました。声から推測するに、年配の男性のようだと思ったそうです。 
    落し物や忘れ物を探す電話はかなりの頻度であるので、先輩はいつもの調子で「何を落されたのですか?」と尋ねました。が、返事がありません。 
    「あの、お客様?」と声をかけたところ、電話はぶつんと切れたそうです。 
    不思議に思ったそうですが、ちょうど同じ頃に通行止めが解除され、足止めをくらっていたお客様が一気に押し寄せたため、あまりの忙しさにそんなことも忘れてしまったそうです。 
    数日後、事故の詳細が知らされました。 
    事故に遭ったのは50代後半の男性で、乗っていたバイクが転倒し道路に転がったところを、後続のトラックに轢かれて亡くなった、とのことでした。 
    ここまでならただの事故なのですが、どうやらその男性は、トラックに轢かれた衝撃で、バラバラになってしまったようなのです。 
    長く続いた通行止めは、何処かへ飛んでしまった男性の「一部分」を探していたために起きたことでした。 
    その「一部分」は道路から少し外れた、林の中で見つかったそうなのですが、その時間というのが、ちょうど先輩が妙な電話を受けた頃……。 

    電話の相手の「落し物」とは、一体なんだったのでしょう。 
    単なる偶然や、タチの悪いイタズラなのかもしれないけれど嫌な想像をしてしまったと、いつも明るく気さくな彼女にしては珍しい、重々しく暗い表情で先輩は話を締めくくりました。 



    全然怖くない、すごく些細だけど不思議な話。 
    まず私はオタクである。 
    ある日、某ゲームの主人公(Kとする)が出てくる夢を見た。 
    夢にゲームや漫画のキャラクターが出てくること自体はそんなに珍しくもなかったけど、当時そのゲームとは違うゲームにハマっていたので「なんでKの夢なんか見たの?」な状態だった。もちろん寝る前にKに関連する絵とかを見たわけでもない。 
    そもそも私自身そのKの登場するゲームをしたことがない。 
    じゃあなんで知ってるのかというと、同じくオタクな友人CがそのゲームとKのことが好きで、そんなCのためにちょくちょくKの絵を描いたりしていたから。 
    そんなわけで、私はCがゲームしているのを見たり、教えられた動画や設定画を何度か見たりしたくらいしかKに関する知識がないのである。 
    それなのにかなり声までしっかり再現された生々しいKを夢に見たので、不思議だなーと思いつつもそのときは特に深く考えなかった。 
    しかし、数日後Cのブログを見て少しゾッとすることになった。 
    Cのブログに、Kの登場するゲームの新グッズが発売されるという喜びの記事が上がっていたのである。 
    そもそもこのゲームは昔はすごい人気だったけど今は下火で、新しいグッズを発売するのも数年ぶりなのである。 
    タイムリーな話題だということにも驚いたけど、そのグッズの絵に描かれているKのポーズが夢に出たまんまで鳥肌がたった。 
    その上、その記事の投稿日がKの夢を見た日と同じだった。 
    発売日に夢見るとかすごい偶然…と思ってCに報告したら、投稿日=発売日じゃなく、とっくに発売されていたグッズの存在をCが知った日=投稿日だったということらしい。 
    ということで、「グッズ発売!うれしい!」というCの電波を私が無意識に夢で受信したんじゃないかという話で落ち着いた。 
    思えば小6くらいのときにもこんなかんじで別の友達の電波を受信したこともあったし、姉の自動車免許の試験の合否を受信したこともあったし、人間ふとしたときに無意識に誰かに念を飛ばしちゃうのかもしれない。 
    そう考えたらうかつに妄想できないなと思う今日この頃です。 

    このページのトップヘ