ほんとうにあった怖い話

怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    特殊清掃の仕事をしていたことがあって、
    自分の働いていた会社は、死人の出た部屋の掃除やペットの死体処理、ゴミ屋敷の撤去まで受注していた。
    ゴミ屋敷の撤去、とりわけゴミの処分方法は地域によってかなり差がある。
    法人が家屋内のゴミをトラックに積むっていう作業自体に自治体の許可が必要だけれど、
    この許可は、地方自治体によって紙切れ一枚とトラックがあれば誰でも取れる地域から、 
    どんなにあがいても一般企業に許可がおりない地域がある。
    自分の働いていた会社は、ゴミ屋敷の撤去を受けるにも関わらず許可がおりない地域だった。
    そういう時に使う合法的にゴミを捨てる裏技があって、古物商や貨物運送の認可を使うようなものだ。
    これはかなりグレーゾーンのやり方で、
    何よりこの裏技は、ごみをトラックで運べるだけで処分場所を確保出来る訳ではなかったものだから、
    処分に関しては会社によって様々だった。

    その頃自分はその会社に入りたてで見習いみたいな扱いだったものだから、
    何処の現場で作業をする時も社長が同行してくれていた。
    ある日ゴミ屋敷の仕事が入った時もそうで、営業担当が行った見積もりから一週間後に社長含む6名で行うことになった。
    作業は初日にリサイクル出来る資源や物を分け二日目に積み込むという形で、
    予定通り二日目の夜にはトラック2台がびっしり埋まり現場は空になった。

    社長とお客が精算を終えると、社長が「今日はお前に処分付き合ってもらうわ」と自分に言った。
    他の従業員が普通車で事務所に戻った後、慣れない4t車を運転して社長の運転するトラックについていった。
    最初は見慣れた国道だったけれど、段々と曲がって細道を抜けていくうちに行った事の無い工業地帯に入った。
    道の両側には何を入れているか分からない倉庫や、看板の無い自動車修理屋のような物が見えていた。
    いかにも闇だなと周りを伺いながら走っていると、車内にある無線に社長から連絡がきた。
    『これからいく所は道は覚えなくていいし、誰かの顔も名前も覚えなくていい。挨拶もいらないから』みたいな感じだった。


    561 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/07/02(土) 15:24:28.10 ID:gNaAzMnV0.net
    少し油断していた時に突然言われ、あせりながら無線で分かりましたと言い、背中の汗が冷たくなっていくのを感じた。
    そこからさらに10分程進んだところで右に曲がった。
    その途端辺りが真っ暗になり、そこは私道だと気づいた。
    道の両側には何もなく、社長のトラックのテールランプを頼りに進んでいった。

    トラックのブレーキランプが点いた所で慌てて停車し、エンジンを切ろうとした時にまた無線が入った。
    『エンジンそのままで車から降りなくていい』
    返事をしようとした所で息が詰まった。
    社長のトラックと自分のトラックの間に何か出てきた。
    ライトに照らされたのは70歳位の老人達だった。目の前だけで20人はいたと思う。
    髪は歪に禿げていて、所々破けたシミだらけの服を着ている。男も女もいた。
    自分のトラックが揺れ始めて、その人たちの数が目の前だけではないと気づいた。
    とっさにドアに鍵をかけ、社長に無線を送った。
    かなり慌てていたからよく分からないことを言っていたと思う。けれど返答はなかった。
    老人達はトラックの荷台を開けると中のごみに群がって左右に放っていき、
    自分のトラックの揺れもどんどん大きくなっていった。
    日本の底辺中の底辺、底無しの闇だと思った。
    ゴミを左右に放っていく度に見える横顔はどれも無表情で、
    たまに出てくる生ゴミを取り合ってパーともグーとも取れない手で殴り合っていた。
    ゴミを放る左右の場所はライトで照らされている筈なのに、不気味な程真っ暗だった。
    何故か目から涙が出てきて、作業着の膝に額を付けて丸まった。
    トラックが揺れる振動と外から聞こえるゴミを掻き分ける音が重なって、おーんおーんおーんと耳に響いた。

    気がつくと音が止んでいて、頭を起こすと老人が一人だけ居てこちらを向いていた。
    皺か煤か分からないようなぐちゃぐちゃの顔でニィと口角を上げていた。歯は一本もなかった。 
    こちらに何か言っていた。口の動きは会社で見慣れた『ありがとうございました』だったと思う。
    老人が道から消えた所で社長のトラックが進みだし、
    ついて行くとまた知らない道に出たけれど、しばらくすると見知った道に出た。 
    その後そこに行った事や社長とその話をしたことはなかったけれど、
    その日の帰りに一言だけ「あそこは合法だから」と言っていた。
    凄く失礼だけれど、ああなってはいけないと深く思った。
     

    キーンって耳鳴りするときない? 
    オカ板で耳鳴りはなんかの前兆みたいなことを読んだことがあるから、
    そういう時は一応気を付けて周りを見るような痛い癖をつけてた。

    仕事で夜に雑居ビルの行く機会が多くて、
    その日も20時頃に用事のあるテナントの入ったビルに入って、エレベーターで3階に上がった。
    廊下は丁字になっていて、棒の下辺りにエレベーターがあって、
    エレベーターを降りたら10m位進んだところで左右に別れてる感じ。
    それでエレベーターから降りた所で丁度耳鳴りがした。
    さっきの癖があるから、痛い雰囲気出しながら周りを伺っていたんだけど、
    別れてる廊下の右手から包丁がゆっくり出てきた。
    とりあえずパニクってすぐ横のテナントに逃げ込んで、ドアを押さえながら事情を説明したら、
    俺のことを気味悪がりながらも警察を呼んでくれた。
    警察が来た頃にはもうそいつはいなかったんだけど、
    監視カメラには包丁持った男が映っていたらしく、結構な騒ぎになった。
    男は包丁を持ってビルに入って廊下をちょろちょろした後、またエレベーターで下に降りて、何もせず出ていったらしい。

    その後も周辺で目立った事件はなかったから、なんでそんなことをしていたのかは俺は知らないけど、
    偶然にしろなんにせよ、耳鳴りの後に痛い行動とってなかったら、
    廊下の先で男とはちあっていたかと思うとゾッとするわ。

    死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?334
    http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1463021094/

    455 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/06/11(土) 04:50:57.82 ID:mXG53zXC0.net
    高校時代の俺の経験。

    当時、俺の友人Aが住んでた団地にはわりとベタな怪談があった。
    5年ぐらい前にそこの2階の住人が自殺したんだけど、
    その人は自殺当日の夜11時判頃に、エレベーターで2階から8階まで上がって、
    そこから手すり乗り越えて飛び降りて死んだんだよね。
    ちょうど帰宅したサラリーマンがエレベーター待ってて、その一連の事を目撃していたそうな。
    で、その日から毎晩11時半頃に、
    エレベーターが2階から8階に行き、そのすぐ後に地上に何かが叩きつけられる音がするようになったという話。
    もちろんそれを聞いた時は作り話としか思わなかったんだけど、
    Aが本当に起こるってしつこく言うから、BとCを誘って一緒に見に行こうって事になった。


    456 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/06/11(土) 05:09:29.34 ID:mXG53zXC0.net
    それで当日、Aの団地に集まったんだけど、
    まず本当にエレベーターに誰も乗ってないのか確認しようぜって事になって、
    俺とBが2階のエレベーター前で待機。AとCが8階のエレベーター前で待機する事にした。
    その日は特に変な雰囲気もない普通の夜で、俺達は特に恐怖心もなくだらだらと時間がくるのを待ってた覚えがある。

    そしていざ11時半頃。
    2階のエレベーターのドアがゆっくりと開いた。
    中には誰もいない。
    ちょっと視線をズラすと、いつのまにか行き先上のボタン押されていたようだった。
    俺とBは思わず顔を見合わせたが当然それには乗らず、
    ドアはゆっくりと閉まって、エレベーターはそのまま登っていき8階で止まった。
    俺とB黙って待っていたが、地面に叩きつけられる音ってのは特に聞き取れなかった。
    そのしばらく後にAとCが階段で降りてきて(Cがエレベーターに乗って降りるのを嫌がったらしい)話を聞いたんだけど、
    やっぱり誰も乗っていなかったらしい。
    やっべーマジじゃん!ってなったんだけど、幽霊そのものを見たわけじゃ無かったから、俺もBもあんまり怖くなかったんだよね。
    それで、地面に叩きつけられる音はわかんなかったから、
    明日また改めて1階の落ちた場所に行ってみて聞いてみようぜって話になった。
    Cだけは恐がって俺はもうやめとくって言い出したから、次の日集まるのは俺とAとBだけという事になった。


    457 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/06/11(土) 05:27:52.33 ID:mXG53zXC0.net
    次の日また集まった俺達はその落下現場にいた。
    なんてことはない染みもないようなアスファルトの地面で、Aにここだよって言われても実際にどこかはいまいち分からなかった。

    そして11時半頃、エレベーターが上がっていくのをそこから見て、いよいよかとなる俺達。
    そのすぐ後に何かが前を通りすぎたような風圧。
    ドサッと重い固まりがが叩きつけられたような音。
    生暖かい何かが飛び散って、俺の顔や服や腕にべったりと張り付くような感触。
    あわてて手のひらで顔を拭って確認してみたが特になにもついた様子は無く、腕も服もなんの痕跡も無かった。
    しかし、その直後に猛烈な頭痛がして凄まじい吐き気に思いっきり嘔吐する俺。 
    何度も何度も吐いてちょっとマシになった時、横を見るとAとBも同じように何度も吐いていたみたいだった。

    結局、その後は三人とも青い顔でAの家にお邪魔になり次の日には帰ったんだけど、
    三人ともたちの悪い風邪みたいな症状で3日程寝込だ。

    ここからが後日談……と言っても語れる事は少ない。
    俺達が落下現場に行った日以降、件の怪異はさっぱり起きなくなったそうな。
    もちろん俺は確認しにいく勇気なんか既になく、あくまで話として聞いただけ。
    後、俺含めてAとBは今でも元気である。
    上の状況から祟りにでもあったんじゃないかと当時は死ぬほどビビってたんだけど、
    その後なんともないからたぶん大丈夫だったんだろう。
    ただ、Cは体調が戻って復帰した後は、怯えた目で露骨に避けられるようになっしまった。
    恐がりのCには俺達が何をやってそうなったか知ってるだけに、怖くて仕方なかったんだろうなと今では思う。

    祖父から聞いた一番印象に残った怖い話。

    第二次世界大戦の戦時中から戦後にかけてが青春だった祖父は、
    生まれつき足の向きがおかしくて、歩けはすれどよほどまともな運動は出来なかったようで、
    徴兵は免れて、広島県で家族に養ってもらいながらなんとか生き延びていたそう。
    戦争が終わったけど祖父達のいた広島は、原爆の影響もあって本当に地獄だったらしい。
    余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。 
    場所がよかったようで被爆を逃れていた祖父は、破壊された電線の銅などを集めて生活を安定させていったらしい。
    (はだしのゲンに似たような話があったから知らない人は読んでみてくれ)

    その頃の話なんだけど、祖父はよく影が無い人を見たって言ってた。
    夕方に一人で荷物を引いてるときとか、昼間とか時間を問わず。 
    当時の広島は、被爆者の影が路面や壁に写りこんだ話がよく話されていたから、
    祖父は、被爆して影を置き忘れて死んだ人たちなんだと思ったそう。
    やけに青白い顔をしてぼんやり立っているその人たちは、本当に生きているみたいだったらしい。
    というより、町のど真ん中で昼間から何もしないで立ち尽くしていてもなんの疑問も持たれない程、 
    食べ物も働く術ももたない生きた人間が多かったので、影の有無位でしか生きてるか死んでるか分らなかったらしい。 

    往生の間際まであの時代はとてもこの世ではなかったと話していた、祖父の話の中で一番怖かった話。
    祖父の三回忌なので投下した、長文すまん。

    各国を旅していた時の話。
    とある国の奥地。普通では行っては行けない場所、寄れない場所。
    降りてから少しばかり歩くと村がある。村と言ってもかなり原始的な村だ。
    小高い崖に横穴を掘り柵を設け住居にしている。これだけ言えば分かる人には分かるだろう。
    そこに数日間滞在していた時、文明の機器を餌に仲良くなった髭長から聞いた話。
    色々と面白い話を聞かせてもらったが、特に興味深い話をひとつ。

    崖の内部構造はビルのように1階2階とあり、各層に部屋が数部屋あるが地下もある。
    地下の装飾した一室、そこの床下の木製扉を開けると更に下に地底へと続いているというのだ。
    どこまで続いているかは詳細不明。
    昔そこに入り込んだ者がいたが、数日経っても戻って来ず死んだものとされている。
    他の村民が2人探しに行った事があるが、内部はかなり険しく死体らしきものはなかった。
    途中で道が途切れたところで暗闇に光を向けるが何も見えないので、
    デカイ石を落としてみると遥か下で着水した音が聞こえる。
    その後、何かが近づいてくる音と共に、こちらに迫るくらいの巨大な音がして、怖くなり命からがら戻って穴を埋めたという。
    実際に行って木製の扉開けて見せてもらうと、確かに埋め固められていた。

    嘘かどうかはわからないがとても印象深かった話。

    このページのトップヘ