ほんとうにあった怖い話

怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part29∧∧

    871 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 03:46:12 ID:+ciWz2RF0
    友人の話。 

    幼い頃、彼は実家の山村で迷子になってしまったという。 
    つい山奥へ踏み込んでしまい、気が付くと何処にいるのかわからなくなっていた。 
    何時間歩いただろうか。疲れ果てしゃがみ込んだ耳元に、声が届いた。 
    「おーい」と呼ぶ声だ。麓の方から響いてくる。 

    あっちに誰か居る!慌てて立ち上がり、声のする方へ叫び返しながら走り出した。 
    今思えば奇妙な声だったらしい。彼は声に向かって全力で走り寄っているのに、 
    声は一向に近くなる気配がなかった。彼と同じ速度で逃げているかのように。 

    と、唐突に開けた場所に出た。よく見知っていた裏山の神社だ。 
    安堵でへたり込み、息を吐いているうちに気が付く。 
    声はもう聞こえなくなっていた。 
    御礼を言おうと何度も呼びかけてあの声の主を探したが、夕暮れの里には烏の鳴き声が谺するだけだった。

    彼は今も実家に帰ると、そこの御社へ参拝を欠かさないのだそうだ。 


    872 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 03:47:28 ID:+ciWz2RF0
    友人の話。 

    親戚の叔父さんと二人で、山の下草刈りをしていた時のこと。 
    何処からともなく「おーい」と呼びかけられた。 
    思わず「はーい」と返事を返すや否や、彼はいきなり打っ倒れた。 
    腹の中がストンと空っぽになったような、異様な寒気に襲われたのだ。 
    猛烈にひもじい。力が入らない。体温がぐんぐん下がるのが自分でもわかる。 
    そのまま、意識がプツリと途切れた。 

    気が付くと、叔父さんが心配そうに見下ろしている。飢餓感は消えていた。 
    ホッとして半身を起こすと、口元に何かがへばり付いていた。 
    御飯粒だ。叔父さんが彼の口に弁当の残りを入れてくれたのだという。 

    「ダルさんの呼ぶ声に答えたな。連れてかれるところだったぞ、お前」 

    ダルというのは、この峠に出る餓鬼の名前だという。 
    山で飢え死にした者の無念が鬼となり、生きている者を呼ぶのだと。 
    うっかり死者の呼びかけに答えてしまうと、飢えて行き倒れることになる。 
    そこの地元では餓鬼憑き、もしくはダル憑きと呼んでいたそうだ。 

    「亡者の声か生者の声かなんて、区別付かないよなぁ普通」 
    そう言って彼はぼやいていた。 


    873 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 03:48:54 ID:+ciWz2RF0
    知り合いの話。 

    朝方に彼が里道を歩いていると、向こう側から顔見知りがこちらに進んできた。 
    ただ不思議なことに、それが誰だったのかどうしても思い出せない。 
    そいつが「おーい」と声を出したので、彼も「どうしたー?」と言葉を返す。 

    次の瞬間、辺りがいきなり真っ暗になった。 
    呆然と見上げると、大きな月が世界を照らしている。 
    彼は真夜中の暗い道の上、一人きりで突っ立っていた。 

    ひどく驚いたがどうしようもなく、そのまま家に帰ることにした。 
    帰宅した彼は、再び仰天することになる。 
    家の者が言うには、彼は五日前から行方不明になっており、
    村中で手分けして捜索していた真っ最中だったからだ。 

    とりあえず無事に帰ってきたということで、村では一件落着したのだが、
    家族はしばらく何か恐れているような眼で彼を見ていたという。

    ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part29∧∧

    899 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 20:32:20 ID:nHoH8oVY0
    知り合いの話。 

    裏山で草刈りをしていると、背後から「おーい」と呼びかけられた。 
    振り向いたが誰も居ない。そんなことが何度もくり返された。 
    初めは気味悪がっていた彼も腹を立て、ついには「一体何だ?俺はここに居るぞ!」と大声で怒鳴り返した。 

    次の瞬間。 
    目の前に大きな黒い物体が、ズン!と地響きを立てて落ちてきた。 
    驚いて腰を抜かしかけたが、何とか踏み止まる。 
    それは古びた黒いボストンバッグだった。 
    裏山から誰かが、彼目掛けて投げ落としてきたらしい。 
    慌てて緑成す斜面に目をやったが、誰の姿も確認できなかった。 

    恐る恐るバッグを確認すると、中はまだ土がこびり付いている筍で一杯だ。 
    どの筍も瑞々しく、実に美味しそうに見える。 
    一寸の間悩み、結局全部貰って帰ることにした。 
    「みんな持って帰っちゃうぞ~。良いんだな~?」 
    一応裏山に向かって、正体不明の誰かに確認してみた。 
    返事らしきものは一切返ってこない。 
    贈り主の気が変わらぬ内に、さっさとそこを後にした。 

    新鮮な筍は、実に美味かったそうだ。 
    家族がすべての筍を食い尽くすのに、一週間ほどかかったという。 


    900 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 20:33:09 ID:nHoH8oVY0
    それから数日後、異変が生じた。 
    母屋の和室に敷かれた畳が、持ち上がり始めたのだ。 
    何事かと畳をはぐって見ると、そこには何本もの筍が伸び上がっていた。 
    「どこから伸びてきたんだ? この近くには竹薮なんかないぞ!?」 
    訝しがりながらも片っ端から切り倒す。 
    しかし数日もするとまた新しい筍が、畳を突き上げ始めた。 
    やがて筍は和室の床下以外からも生え始め、とうとう駆除が追いつかないほどの速さで繁殖しだした。 
    抵抗を続けていた彼もついに匙を投げ、家を筍に明け渡したのだという。 
    家を出る時は、悔しくてならなかったそうだ。 

    現在、母屋があった場所には竹薮が繁っており、彼は少し離れた場所に新しい住居を拵えている。 
    「あのバッグは罠だったんだな。誰が仕掛けたのかはわからんが・・・」 
    そう言う彼の腕には、切り出されたばかりの青竹が抱えられていた。 
    復讐とばかりに、今でも何本も竹を切り倒しているらしい。 
    残念ながら、竹薮は勢いを弱める様子など見えないそうだ。

    ほんのりと怖い話スレ その14

    764 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/08/19 12:03
    先月、仕事帰りの話。 

    夜の11時過ぎた頃やっと仕事が終わりました。 
    帰る支度をし、車に乗り込みました。 
    いつもの慣れた道。きついカーブも無く、車通りも少なく快適に車を走らせていました。 

    すると遠くの方で、ヨロヨロと道路の真ん中を歩いている人が見えたんです。 
    「なんだ?酔っ払いか?」 
    不審に思いスピードを緩めゆっくりと通り過ぎようとした時、その人が急にこちら側に倒れこんできたんです。
    「おわ?!アブね!」 
    スピードを緩めたおかげもありブレーキとハンドル操作で避ける事が出来ました。
    「ふざけんな!氏にてぇーのか!」 
    急な事に頭に血が上ってしまい、その人に怒鳴ってしまいました。 
    その人はそのままゆっくり立ち上がりこちらを睨んだんです。 
    その顔は鬼のような形相でした。そして微動だにせず睨みつけてくるんです。 
    先刻までの怒りもそれで冷め、逆に怖くなった俺はその人を大きく避けもうダッシュで車を走らせました。 
    「おいおいなんなんだよありゃ?!気持ちわりぃ・・・」 
    その瞬間、 
    「轢けよ・・・なんで轢かねぇんだよ・・・」 
    すぐ耳のそばで囁くような声なのにしっかりと聞こえました。 
    そして急に左側にハンドルが勝手に切られました。 

    車は歩道に乗り上げ、ラジエーターをやられ、シャーシも曲がりオシャカになりました。 
    幸い俺は打撲とかすり傷程度で済みました。 
    この出来事があってからこの道は通ってません。

    ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part29∧∧

    910 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 05:16:42 ID:f089ENZfO
    知人Hの話

    Hの父親は若い頃から山好きだった。
    父親の写真の殆どは山で撮ったもので、全身で喜んでいるのが一目でわかるような笑顔で溢れているそうだ。
    写真の父親は、いつも同じ帽子を被っている。
    それは父親が高校生の夏、初登山の際に知り合った同じ年の少年が、
    たまたま同じ物を被っていたので、記念に交換した思い出の品だった。
    暫くは手紙のやり取りもあったが、互いに忙しくなり途絶えてしまったという。 
    Hが高校に入ってすぐ父親が亡くなった。
    遺影に使われたのは山で撮った素晴らしい笑顔の写真で、やはり帽子を被っていた。 


    911 :本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 05:20:09 ID:f089ENZfO
    帽子は棺に納められた。
    形見として残したかったが、これからは思う存分、登山を楽しんで欲しいという思いを優先したのだそうだ。 
    火葬場に到着すると、既に別の集団が待機し、自分たちと変わらぬ年齢の母子の泣く姿が見えた。
    何げなく遺影に目を向けたHは固まった。 
    遺影には父親と同じ帽子を被って微笑む男性が写っていたそうだ。 
    ありふれた帽子なので別人でも何らおかしくはないが、
    20年以上の歳月を経て再会した二人が、一緒に登山してるような気がしてならないとHは笑った。
    俺もこんな偶然があってもいいんじゃないかと思えた。

    ほんのりと怖い話スレ その15

    167 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/09/01 01:07
    まあ、たいした話じゃないけど、霊感皆無の俺の体験。

    俺が配属されたのは42警戒群っていうレーダーサイト。そこは釜臥山にサイトを構える基地なんだな。
    まあ、恐山が直下に見える、何ともいえない基地なんだがw

    俺がまだ配属されてちょっとの頃、
    送信所(これは隣の山、名称忘れた)で無線機の自己診断プログラムを動かして、
    「あーひまだなー」って雪中廊下(階段)のモニタをボーっとみてたら・・・ 
    カメラの端にオヤジの顔がスーッと出て、スーッと消えた。
    (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル な俺は、先輩に「カメラに変なモン出ました!」っていったら、
    「あーでるよ、それよりお前の分は終わったのか?」って一言で済まされた・・・ 
    その他インターホンが本物かどうか音で判別するし(幽霊インターホンっていって、微妙に違う音が聞こえるんです)、
    厳冬期に食堂の外に人が通っても(絶対通れない)気にしないし・・・

    8年たった今でも思う、「おまいら!、麻痺してますよ!」ってねw

    このページのトップヘ