ほんとうにあった怖い話

怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。

    怖い話をまとめて紹介するブログ[心霊写真][怖い話][全国心霊スポット][呪いの動画]等の情報。あなたはこのパンドラの箱を開けますか? ※あなたが体験した怖い話も募集しております。


    ほんのりと怖い話スレ その16

    『役』
    530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/04 21:39
    ある平日の昼下がり、市ヶ谷駅前から九段下に向かう道を一人で歩いていた。
    すると、すぐ後ろから中年男性2人が、声高に話し合いながら歩いてくる。
    声はでかいし、私のすぐ後ろにぴったりくっついてくるのでうざくて、
    ここはスピードアップして引き離そうと思い、歩く速度をあげた。
    ちなみに私は女にしては歩く速度がかなり速い。背もでかいから歩幅もある。
    ところがおやじ2人は全然離れない。同じ速度でついてくる。ほとんど走っているようなスピードになってもついてくる。
    ・・・・・だんだん怖くなってきた。
    こいつら何者?もしやこの世のものではないのでは?でも怖くて振り向けない。
    だってウナジのすぐそばくらいに顔がある感じなんだもん。

    やがてある店に前まで来た時、そこのショーウインドウに映る姿を勇気を出して見てみた。
    そこに映っていたのは、私と・・・・・・・・・・おやじが一人。
    そのおやじは、一人で二役をしながら、私の後をぴったりと猛スピードでついてきていたのだった。
    駅前から数百メートルの間。声色を変え、立ち位置を変えながら・・・・。

    オカルトではないけど、生きているキティガイ人間の方が怖いと思った一瞬でした。


    『ベッドに入って寝た』
    617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/21 16:58
    オレが高校生の時の話。

    その日は夜11時頃ベッドに入って寝た。
    深夜に突然そばに置いてあるラジカセから大音量でラジオが流れた。
    びっくりして飛び起きて急いでスイッチを切った。
    (当時二段ベッドの下の段にオレ、上に弟が寝ていて、非常に仲が悪く後で文句言われるのがイヤだった為)
    ふと時計を見ると1時30分。
    どうやら寝る時にスイッチを切ったつもりが、スリープの方にスイッチを入れてしまったらしい。
    (後にも先にもこんな事は一度もなかった)
    そんでまた寝た。

    次の日、いつも一緒に学校に行くMと学校に向かう途中、
    突然Mが「そういや昨日K(オレの事)うちに来たぜ~」と言った。
    オレが『何言ってんだコイツ』と思いながら「はぁ?」と言うと、Mは笑いながら、
    「昨日の夜オレが勉強してたら、Kが部屋の隅から上に上がって、ベッドすり抜けてそのまま天井に消えてった」と言った。
    その時オレはピーンときて「それ何時頃?」って聞くと、
    Mは「え~と、1時30分頃かな」と答えた。
    オレはMに昨夜の事は話していないので結構びっくりしたが、
    それよりもMがオレの姿を見て「怖くなかったか?」と聞くと、
    「最初ちょっとびっくりしたけど、K笑ってこっち見てたから別に怖くはなかったな」だと。
    そっちの方がスゲェと思ったよ。


    『結婚した時に購入した冷蔵庫』
    669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/25 00:51
    結婚した時に購入した冷蔵庫があった
    物凄くでっかい冷蔵庫
    場所をとるし家に入れるのも大変だった
    子供が生まれて大学はいって家を出ていった
    それを契機に数年来不仲になっていた私達は離婚した
    離婚が成立したその日の夜、妙な音をたてて冷蔵庫は壊れた
    結婚して以来ずっと欠かすことなく20年以上我が家にあった冷蔵庫
    家族が崩壊したその晩に寿命を終えた
    フル時計の歌みたいだけど、物にもなんかそういうのあるのかもしれない


    ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part30∧∧

    215 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2006/10/24(火) 23:09:50 ID:lILDiKVZ0
    利用者が好きなことを書き込むノートがある。 
    あちこちの山小屋で見かけるもので、別段、珍しいものではない。 
    その日のメンバーや天気、翌日の予定などが書き込まれることが多い。 

    本名を明かすことが今ほど危険でなかった頃、何度も同じ男の名前に出くわした。 
    俺がノートを開く少し前の日付で書き込まれた、その日の山の感想と末尾の律儀な署名。 
    1ヶ月前あたりの日付が多かったが、前日だったこともある。 
    やがて、山でノートを見かけるたび、俺は彼の名前を探すようになった。 
    親近感に近い感情は、確かにあった。 
    いつか会えるのではないかと、そう思っていた。 
    それくらい彼と俺は同じ山へ行っていた。 

    彼の死はテレビニュースで知った。 
    ある山域で行方不明となり、数日後に遺体で発見されたのだ。 
    俺は半月後にそこへ行く計画だった。 
    彼とは不思議な縁がある。 
    どれほど深い縁だろうか。 
    結局俺は、半月後の山行を中止した。 

    今でも、古いノートを置いてある山小屋で、彼の名前を目にすることがある。


    ほんのりと怖い話スレ その16

    714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/26 20:01
    職場の4人で街の一画にある居酒屋で飲んでた。
    その中に「昔霊感があったよ」言う奴がいて、
    ほろ酔い加減になったころ「変なのいるから払ってあげる」とか言い、先輩に変なことした。(拍手?)
    その時は別に何も起きなかったんだけど、数分後、奴は汗だらけになって、夏だっての震えだした。
    あまりにも様子がやばかったので、飲み会は切り上げ帰ろうとしたら、
    「水と紙コップたくさん用意して」と奴は切羽詰った表情で言い出した。
    事情が飲み込めなかったけど、ある先輩が「コンビニいって買って来い」と俺とあと一人に命令した。
    ほんでもってダッシュで買いに行き店に戻ると、「これじゃ足りない」なんていう始末。
    今度は俺一人でコンビに行って、店に戻ると仲間はみんな出た後。
    仲間を探すため店から出ると、道端にコップがあることにに気づいた。
    奴の仕業としか考えられなかったので、他のコップを探していると、奴は道端でコップに水を注いでた。
    2本買ったペットボトルはもうあと少しで無くなりそうだった。
    「○○さん、これでいいスカ」と俺は3本のペットボトルを差し出し声をかけた。
    戦々恐々という表情があるならこの時の奴の顔だろう、目線があった時は死にそうな面してた。
    俺の手からビニール袋ごと奪うと、「ありがとう。○○神社ってどっち」と聞いてきたので、
    「表通を駅に向かえばOKですよ」と言うと、コップに水を注ぎ置き始めた。
    一人にする訳にも行かないので奴の奇行と一緒にいると、先輩2人が水を片手に戻ってきた。
    俺は遅いぞと先輩に怒られ、店に奴のバッグを忘れていることを伝えられ店に戻ることになった。
    でバッグを取り、神社へ向かう途中、コップを幾つか見つけたのだけれど、
    何故か少なくなったり、中身が空のがあった。※別にコップが倒れてた訳ではない。
    変だな~と思い水の入ったコップを見ていると携帯が鳴り、応じると先輩が『早く蓋原さんにこい』って。
    電話切って、もう一度コップ見たら水無くなってた。w
    感の悪いおいらでも何かヤバ~な状況は判ったので、急いで神社へ向かいタクシーで帰りましたとさ。


    715 :714 :04/02/26 20:02
    後日、水の買出しを指示した先輩に尋ねたら、過去に奴と同じ事務所にいたことがあって、
    現場から戻った先輩の具合が悪くなり休んでいるときに、奴が水を持ってきた。
    奴の言うように飲んだら体調が元に戻ったことがあったので、奴の状態が理解できたらしい。
    ちなみに当時は霊感があるなんて公言してなかったそうだ。
    霊感が無くなったから喜んで口に出したのだけど、転勤してきてまた霊感が戻ったんじゃないかって。


    ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part30∧∧

    260 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 23:18:20 ID:geBDURUsO
    知人Aの話 

    Aの実家は山の中腹にあり、御両親が食堂と小料理屋を足して2で割ったような店を営んでいた。
    店の横の渓流で捕れる川魚料理と山菜料理は絶品で、
    訪れた際は、塩焼き、骨酒、山菜おこわなどを御馳走になるのが楽しみだった。
    商売気はなく、沢山の田畑を貸し悠々自適に暮らす夫婦の趣味の店といった雰囲気だ。

    以前、Aの帰省に同行して厄介になっていた時、
    団体客から問い合わせがあり、魚料理を要望された親父さんは用意できないと断った。
    急な団体では仕方ないが、日を改めてという話も断るのは不思議だった。 


    261 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 23:19:53 ID:geBDURUsO
    電話を終えた親父さんに話をふると、面白い話をしてくれた。
    店の脇には渓流と繋がる生簀がある。
    そこには毎日、決まって32匹の魚がいるという。
    なぜ32匹?と聞くと、大昔、この集落にはAの一族が32人いたからだと言う。
    当時、この辺りの山には鬼が住んでおり、退治されかけて逃げて来たのをAの先祖が匿ってやったそうだ。
    傷が癒えて立ち去る時、鬼は何か礼をしたいと言ったが、先祖は礼などいらないと断った。
    困った鬼は、訪ねて来た時に持ってきた魚を、先祖が喜んで食べたことを思い出し、
    渓流の魚を全て差し上げると申し出た。


    263 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 23:23:05 ID:geBDURUsO
    しかし、川の魚を独り占めなんてとんでもない!と、先祖が断ったため、
    毎日、新鮮な魚を一族の数だけ受け取ることで話がついたという。
    生簀を良く見ると、川との接点には網などの仕切りはなく、渓流から清らかな水が遠慮なく行き来していた。
    まるで昔話だが、少なくとも俺が厄介になっている間は(話を聞いて3日間)毎朝、 
    誰も捕りに行ってないのに、32匹の大きなアマゴが自然に生簀に入って逃げようともせず泳いでおり、
    俺はいわくつき?のアマゴの塩焼きを不思議な気持ちで噛りついていた。


    ほんのりと怖い話スレ その16

    728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/27 06:56
    自分は過去3回しか金縛りらしきものにあったことしかないが、
    今でもしょっちゅう金縛りに会うという友人の話。

    あるとき仰向けで寝ていたら金縛りにあったそうな。
    「あー、またか」なんて思っていたら、どこからか波の音が聞こえてくる。
    しばらく天井を見つめながら波の音を聞いていたんだが、ふっと頭だけが動くようになったらしい。
    首を動かして足元のほうを見てみると、ベットの横に見知らぬおばあさんが座っていて、
    行李らしきものに小豆を入れたものを揺らして、「ザー、ザー」と効果音を出していたんだと。
    首を戻して目が離れたすきに音もおばあちゃんもいなくなって、金縛りが解けたらしいが、
    「今までので一番意味がわからなかったよ・・」と言っていた。
    たしかに意味不明だわな。


    732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/02/27 16:18
    >>728
    まんま妖怪小豆婆


    734 :728 :04/02/27 16:26
    >>732
    小豆婆っていうのがいるのか!
    今度その友達に教えてあげよ。


    739 :728 :04/02/27 18:56
    早速小豆婆のこと友人に言ってみたよ。
    でもなんか違うって。
    友人が見たのは、のびたくんのおばあちゃんみたいな優しそうな丸い感じのおばあちゃんが、
    大きな四角い行李に入った小豆(米かもって言ってた)を、ゆっくりゆっくり左右に揺らしていたんだとさ。

    このページのトップヘ